マンションの築年数にあわせたリフォームをして売却を

リフォームしてから不動産を売ろう

不動産物件の売却は、リフォーム済みが有利だとアドバイスを受けました。
究極に古い物件は、リフォームが不可能な場合もあると言われました。
私が入居していたマンションを売却するときは、築年数が三十年以上もあるため、あまり価格的な期待はできないと言われましたが、リフォームによって付加価値が生まれるとも言われたのでアドバイスに従いました。
付加価値は、マンションを購入した人が、購入費用だけで入居できる状態だと解釈すると分かりやすいです。
すなわち、購入して、引越して入居して、そのまま暮らせる状態です。
購入しても、さまざまな不具合が発見されれば、工事が必要になります。
修理や修繕の規模によっては、入居できない場合もあります。
リフォーム済みの場合でも、さらに修理や修繕をしたほうが良い場合と、即入居可能の場合では異なります。
理想的なのは、リフォーム済みで、即入居可と表示できる物件です。
築年数が新しいほうが有利ですが、すでに大規模リフォームが実施されていれば話は別です。
不動産会社の担当者に指摘されて気づきました。

リフォームしてから不動産を売ろう / 大規模な改装が必要だった / 付加価値を付けられるかが鍵